34歳バツ2日本人夫と結婚式を挙げたい26歳外人新妻。夫の両親は「長男なのに、ガイジンとの結婚なんて許さない!」と言い、会うことすら拒否され・・・。

よくある話ではないんだけど、いいかな?
バツ2の日本人彼と結婚した私(私は初婚)。

by Amber

彼の一度目の結婚の時、結婚式はしていなくて、
二度目はしたみたい。
彼は隠したがってるけど、家で写真を見つけたから。

それで、彼と結婚式ついて話し合うことに。

彼は特定の宗教に思い入れがあるタイプではないんだけど、
2回目の結婚式では、外国人牧師によるキリストの式を挙げたみたい。

私は熱心なキリスト教信者で、
ウエディングドレスを着て、家族に見守られながら式を挙げるのが夢だった。
(女の子は、みんな夢見るわよね?)

彼に、結婚式でサインのようなものをしたか聞いたんだけど、
覚えてないらしいの。
もしサインしてたとしたら、簡単には再婚できないはずなんだけど・・・。

2番目の奥さんが、キレイなドレスを着て、指輪を貰って、
盛大なパーティーを開いてたのを知ってしまったから、ちょっと傷ついてる。

私は、彼の家族に会ったこともないの。
3回目の結婚には反対らしくて。
長男(34歳)がガイジン(26歳)と結婚することにも。
年賀状とかで、友達に結婚を知らせることすら、してないみたい・・・。

誤解しないでほしいのは、彼は素晴らしい人だってこと。
決してケチってわけでもない。
クリスマスには、素敵なホテルを取ってくれたし、
私が故郷にいるときには、お金を送ってくれることもあった。

「自分の過去の過ちのせいで、嫌な気持ちにさせてゴメン」
って、言ってくれる。
私が酔っぱらってても、嫌な顔しないくらい優しい人。

彼を愛してるし、現実を受け入れてるつもりだけど、
結婚式を挙げたいっていう夢が、
私にとって大きなものだってことを、彼に伝えるには、どうしたらいい?

今まで4回は話し合ってるけど、
彼は「やらなくていいじゃないか」っていう目をしてるから。

私が望んでるのは、華やかなパーティーではなくて、
シンプルな式と、結婚指輪だけ。

意見を聞かせてもらえないかな?

 

 

 

以下、世界からのコメント

 

 

 

Kate
式について、一つ教えてあげられるのは、
彼の挙げた「キリスト式」のものは、本物じゃないっていうこと。

本当の教会じゃなくて、教会風に建てられたものがほとんどで、
牧師さんも、英語の先生がバイトでやってたりするらしいわ。

だから、彼の挙げた式も、
単に「キリスト教」っぽいものだっただけで、
宗教的に正式なサインとかもしてないはずよ。

 

 

 

Auntie Bert
キリスト教徒が多い西欧では、教会で式を挙げる人って少ないのよ。
たいていは、役場とかで挙げるものよね。

でも、あなたの気持ちはわかるし、
実現できたらいいのにって思う。

彼の両親を説得して、式を挙げられないのかな?
一度会って、あなたのことを知ってもらえたらいいのに。
あなたは賢い女性だと思うから。

彼らが揉めてるのって、あなたが原因ではないだろうし。

私の弟も何度か結婚して、
離婚の度に、すごく揉めたりしてたけど、
いろんなことが落ち着いた今、家族や元奥さんとの関係も変わってきてるわ。

 

 

 

Amberによる返信
ありがとう。
Kate
少し気が楽になったわ。

Auntie Bert
これは、私の持って生まれた運なのかもしれないって思い始めてるの。

夫はバツ2で、離婚の度に傷ついてきた。
また傷つくのは怖いだろうし、結婚式は時間とお金の無駄だと思ってても
仕方ないのかもT_T

時間が解決してくれるかな。
待つことはいいことだと信じて。

 

 

 

ruth
私も、夫の家族に紹介してもらうのに5年もかかったの。
ようやく会えたけど、会ってみたらいい人たちで、今は仲良くやってる。
あれだけ悩んでたのに、って思うわ。

あなたの旦那さんも、いろんな物事を分けて考えたがっていて、
二つの世界が混ざることに、不安を感じるタイプなのかも。

でも、結婚は(特に国際結婚)
家族がお互いのことを理解し合うことが、本当に大切だと思うから。
旦那さんが、あなたの話を聞いてくれるといいわね。

時間がかかるかもしれないけど、待ってみて。
心配いらないわ!

 

 

 

Engeru
辛い事実かもしれないけど、
君の旦那さんは、まずカトリックの洗礼を受ける必要があると思う。

それって、彼が望むものかな?

もしそうでなければ、
カトリックの教会で君の望む式を挙げることは、できないと思う。
逆に、君が他の場所で式を挙げたとしても、咎められることはないよ。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ